院長ブログ

歯の神経をとるデメリット

2020年9月10日

むし歯が進行して歯の神経に細菌が侵入して強い痛みがある場合は、歯の神経をとる「抜髄」という治療になることが多いのですが、先日そのような症状の患者さんに「歯の神経をとるデメリットとは何ですか?」と質問を受けたので、シェアしようと思います。

歯の神経をとると、次のようになると思われます。
・歯がもろくなるので、まるで枯れ木のように、割れたりヒビが入りやすくなります。
・歯の色調が徐々に黒ずんでくることがあります。
・むし歯が進行しても痛みを感じなくなるので、かなり深くなるまで気付けなくなります。
・むし歯の原因菌に対する防衛ラインが、歯根の先まで後退するため、歯根先端の外側の炎症(根尖性歯周炎)になるリスクが増えます。
この病気になると、歯が浮いたような痛みを感じることがあります。

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.0120-437814
診療時間
9:00-13:00

/

15:00-19:00

/

/

休診日等
休診・・・日曜日・祝日・土曜日午後
▲・・・土曜日の午前は9:00-13:00

診療メニュー

当院のご紹介

予約
院長ブログ
松本歯科クリニックインスタグラム
院長のGoogleマップ
facebook
© 2018 旭川市大町、春光イオンそば「松本歯科クリニック」. All Right Reserved.